予土線

4 予土線

トップ > のりば > JR四国 > 予土線

進行方向右側の風景

■上り■ 駅名 ■下り■
終点 窪川
Kubokawa

 

若井~窪川間は、JR線ではなく、土佐くろしお鉄道線となります。車内自動放送でも「お客様の中で青春18などの切符をお持ちの方は・・・運賃(200円)をいただきますという旨の内容が流れます。
2003年8月収録 次は 窪川
乗 車
若井
Wakai

 

後半を除いて、トンネルがメインです。JR線は次の若井までです。
2003年8月収録 次は 若井
乗 車
家地川
Iejigawa

 

この区間もコンクリート壁が中心です。最後は駅と思えない場所に停車します。
2003年8月収録 次は 家地川
乗 車
打井川
Utsuigawa

 

ここから川とは反対側の車窓になり、見えてくるのはコンクリートの壁がメインになってしまいます。
2003年8月収録 次は 打井川
乗 車
土佐大正
Tosa-Taisho

 

前半は、単調な山肌の景色が続きますが、後半になると四万十川が蛇行しており、トンネルを挟んでその流れを見せてくれます。
2003年8月収録 次は 土佐大正
乗 車
土佐昭和
Tosa-Showa

 

キハ 54 7と入れ違います。トンネルを出ると、清流四万十川の流れを望めます。
2003年8月収録 次は 土佐昭和
乗 車
十川
Tokawa

 

この区間は最初からピントが合っていません。またトンネルや山肌が多いです。
2003年8月収録 次は 十川
乗 車
半家
Hage

 

予土線の江川崎~窪川間は、日本最後の清流と言われる四万十川に沿って走行します。特に、土佐大正までの区間は右側に川が流れているので、この動画で鑑賞できます。カメラのピントがずれている区間があります、ご容赦願います。3分30秒目に見えてくる橋は、四万十川の名物沈下橋です。
2003年8月収録 次は 半家
乗 車
江川崎
Ekawasaki